Mizca 「?UFUFU?」 インタビュー

002_a


ガールズ・エレクトロのニューアイコンとして注目を集める歌姫Mizcaが、天才クリエイターpal@popとタッグを組み、最先端のクラブサウンドをたっぷり詰め込んだ1stアルバム『?UFUFU?』を遂にリリース! いよいよMizcaの全貌が明らかになる!!



―前回インタビューさせて頂いた『キラキラ☆』はMizcaさんがエレクトロサウンドを取り入れて初めてリリースされたCDでしたが、反響はいかがでしたか?

Mizca:最初は受け入れてもらえるか心配だったんですけど、新しく楽曲から入って来てくれる方々や、キラキラしたビジュアル面を気に入ってくれるファンの方々も増えて嬉しかったですね。

―心配なかったですね!

Mizca:そうですね(笑)。ライブに『キラキラ☆』を聴いて来てくれる人も増えて、一緒に歌いながら盛り上がってくれたり、ライブでは必ず振り付けコーナーもやってるんですけど、そこではみんなが踊ってくれたり。もちろんMizcaを知らない人もいると思うんですけど、そういう場で一緒に踊って盛り上がってもらえるのがすごく楽しいですね。

―一緒に盛り上がるには最適のサウンドですもんね。ニューシングルの『ダメよ?』もさらにノリノリで可愛らしい曲で。

Mizca:『キラキラ☆』はとてもキャッチーで、タイトル通りとにかくキラキラした世界観を表現した曲だったんですけど、今回はそこに切なさとか少し影も見せるような歌詞になってるんですよね。曲調もかなり覚えやすくて、歌謡曲っぽい要素も入れつつそこにエレクトロサウンドが合わさってる感じなので、激しいサウンドだけど自然に耳に入って来る。みんなが覚えられて、でもすごく斬新で新しい雰囲気の曲になってるんじゃないかなと思います。


―ところで、シングルごとにどんどん曲のテンポが上がって来てませんか? エスカレートしていってるというか。

Mizca:そうですね(笑)。特に今回は最初から最後までずっと早口で歌い続なきゃいけない曲なので、レコーディングでも大変でしたね。実際ライブでやっても、けっこう大変です。踊りながら歌わなきゃいけないし。

―サビの<ダメよ 涙が出ちゃうじゃない キレイにバイバイする約束でしょ ウソでもいいから精いっぱいの 笑顔作らなきゃダメよ! ダメ!>っていう歌詞がとても可愛らしいですよね。作詞作曲はプロデューサーのpal@popさんが担当されてますが、曲をもらった感想は?

Mizca:私はパッと学生時代の恋愛みたいな印象を受けて、自分の中にもリンクする部分が色んな箇所にありましたね。スタッフの人でも聴く人によって色んな解釈をしてるので、人それぞれ色々な捉え方が出来る曲だなって思います。

―カップリングに収録されている『last cross〜Virus Ver.〜』は、以前光岡昌美名義で歌われていた曲ですよね。

Mizca:これは元々ファンの方から頂いた声がきっかけだったんですけど、『last cross』ってみんなが一番知ってくれてる曲なんですね。で、ファンの方々が「この曲のエレクトロバージョンも聴いてみたいね」って盛り上がってくれた所から実現して。

―元々はいわゆるロック風なアレンジでしたが、また随分と変わりましたよね!

Mizca:最初に声が入ってない状態の音源を頂いたんですが、全然ガラッと変わってて、どんな感じの曲になるのか想像がつかなかったので、レコーディングして上がって来るまでがすごく楽しみでしたね。

―歌い方もだいぶ変わるし大変だったんじゃないですか?

Mizca:いや、割と余裕を持って歌えました。以前は歌う事で精一杯だったんです。自分の歌詞を自分で歌うっていうのが苦しくて、色んな事を思い出したりっていうのもあったんですけど、期間がけっこう空いていたので自分に余裕が持ててる感じがして。今回の『last cross』には必要な物と必要じゃない物があって、余分な重たい感情は捨てて、エレクトロのサウンドと合わさる事によって、聴いていて面白い感じになるようにしたかったので、色々こうしたいああしたいってアイデアを出しながら歌えましたね。

―なるほど。そして7月21日にはとうとうアルバム『?UFUFU?』がリリースされますね!配信限定だった『ROBOTICS』を始めとした全てのシングルが収録されて、盛り沢山な内容ですね。

Mizca:かなりバラエティに富んだ感じの作品がギュッと詰まっていて、曲間が繋げてあったりとか細部も凝っているので、ずーっと最後まで楽しんでもらえる作品になってると思います。

―やはりアルバムとなるとまた感慨深いものがあるんじゃないですか?

Mizca:そうですね。ライブでもやりたいな!って思う曲もたくさん増えましたし。

―エレクトロやクラブミュージックといったジャンル上での表現力も増して来ている印象を受けました。

Mizca:ありがとうございます。やっぱり曲を重ねるごとに表現したい事っていうのがはっきり見えて来て、1曲1曲に関しても、どういう曲にしたいかっていうのがそれぞれあるので、そういう事を考えながら歌う事が出来ましたね。

―出だしから『キラキラ☆』、『ダメよ? 〜Album Ver.〜』と激しいシングル曲が続きますが、3曲目の『切なさプラス』でガラッと印象が変わりますよね。落ち着いた感じで。

Mizca:これはMizcaの曲の中でも特に情景がはっきりしている楽曲ですね。メロディーも綺麗で、歌詞の中に春夏秋冬が出て来るので、色々な情景をイメージしながら歌いました。

―『C?ndy Girl』はMizcaさんが作詞されてますね。

Mizca:曲はほとんどpal@popさんが作詞されてるので、これはpal@popさんの曲にはない要素を書きたいなって思いながら書きました。ずーっと曲をエンドレスで流しておいて、聴きながら出て来た単語とか色んな言葉をノートにばーっと書き出して行って、その中から「この言葉は使いたい!」みたいに組み立てて行きましたね。

―pal@popさんにない要素というと?

Mizca:pal@popさんの曲よりももっと可愛らしくて、それでいて女の子のかけひきみたいな物も感じる世界観を作ってみたいなって思って。

―言われてみると確かに女性ならではの視点が感じられますね。刺激的な歌詞の『Chu!』も面白い曲で。

Mizca:そうですね(笑)。これはすごくpal@popさんっぽいなって思いました。曲と歌詞によって色んな表情がコロコロ変わっていくのがpal@popさんの歌詞の魅力だと思ってて、私自身はそういう事がまだ出来ないので、いつもすごいなーって思うんですけど、この曲は特にそう思いましたね。

―歌詞からは想像出来ない激しいサウンドがまた面白い世界観を作ってますね。普通こんなに可愛い歌詞で、あんな重いベースは使いませんよ(笑)。そして最後の曲『たっくんが好きなの・・・』、これまた異色作ですね!

Mizca:これはALLaNHiLLZのお2人にラップをして頂いたんですけど、最初は『すきなの・・・』っていう別の曲だったんですよ!ラップが入るとも聞いていなかったし。それがレコーディングをして、上がってみたらこういう曲になってて(笑)。

―知らない間に別の曲になってたんですね(笑)。

Mizca:はい。色んなフューチャリングの形ってあると思うんですけど、これは新しいかなって思いますね。あと『まーくんも好きなの・・・』っていうのもあるらしいです。

―(笑)。たっくん命の歌詞なのに!

Mizca:そうなんです。実はまーくんも好きだった(笑)。

―ラップ部分の男の子パートの歌詞が面白いですよね。

Mizca:このたっくんの全然空気読めない感じが(笑)。私的にけっこうツボだったりします。「ここまで言ったら気づけよ!」って。最初はびっくりしましたけど、聴けば聴くほど面白くて気に入ってます。

―本作はMizcaさんにとってどんなアルバムになりましたか?

Mizca:このアルバムを通して、エレクトロの中のMizcaというジャンルが確率出来たかなって思いますね。『キラキラ☆』とか『ダメよ?』の可愛らしい雰囲気から、 

かっこよかったりクールな感じのサウンドも詰まってるので、Mizcaを知らない人でもこういう音楽を好きな人にはたぶんハマってもらえると思いますし。たくさんの方に聴いてもらえたらなって思います。

―最後はシングル『ダメよ?』にちなんで、UNGA!読者にもダメ出しをして締めてもらえればと思うんですが!

Mizca:え!? じゃあ、えーと…『ダメよ?』と『?UFUFU?』聴かないと、ダメよ?(笑)。

(interview:小林博之)


002_j


ALBUM
「?UFUFU?」
2010.7.21
CRCP-40279
http://www.mizca.jp/


※このインタビューは、UNGA! No.131(2010.6.30発行)に掲載された物です

手島いさむ 「SQUEEZE」 インタビュー

001_a


泣く子も黙る国民的バンド“ユニコーン”のギタリスト“手島いさむ”が、セカンドソロアルバムをリリース!アグレッシブなロックサウンドから、ポップでメロウなヴォーカルナンバーまで、Tessyアニキの様々な魅力が詰まった濃密な1枚!


―最新作の『SQUEEZE』、前作のソロアルバム『Rising』をさらに進化させて、密度をすごく濃くしたような充実感のあるアルバムですね。

手島いさむ:そうですね。なんか1曲1曲ちょっと詰め込み過ぎたかなっていうくらい(笑)。もうちょっとね、スカスカな方がいいんですけど。ギターを聴かせるためにはなるべくシンプルな方がいいので、普通にTV見ながらとか、洗い物でもしながら聴けるぐらいが本当はね。

―その分とても満足感の高い内容ですよね。構想はいつ頃からあったんですか?

手島いさむ:年明けに一度ユニコーンで集まった時に、今年の活動をどうするかという話が出たんです。それで、去年のように濃密にやるのもいいけど、今年は少しのんびりやるかみたいになったんですね。「動くならどんどん動いてもいいんじゃない? どうせヒマだしな〜、俺も」なんて言ってたんですけど、そしたら奥田君が「ユニコーンやってない時はソロやってるんだよ」って。そこでハッと気が付いたんです。「そらそうだわなぁ」と。

―そこでですか(笑)。

手島いさむ:そこでソロに対する決意のような物が固まって。

―なるほど。タイトルの『SQUEEZE』は“絞り出す”というようなイメージでしょうか?

手島いさむ:そうですね、絞り出す感じ。ユニコーンやってる僕が普通とすれば、ギュッと絞ったらこんなのが出て来たよっていう、アナザーサイドというかね。自分のエゴに特化した所。まぁ音楽ですから人が聴いてなんぼな所があるので、聴く人に委ねた時に色々感じてもらえる物がいいなという事も考えて作りましたけど。

―決まった曲の作り方というのはあるんですか?

手島いさむ:いや、リフから浮かぶ物もあれば、ドラムマシンを走らせながら作っていく物もあって、その直前まで見てたTVとか、お風呂に入った時に浮かんで来る物とか、色々あるんですよ。それをモチーフに。例えば1曲目の『sometime wild』だったら、アメリカンな感じで疾走感もあって、ハードなんだけどどこかニヤけてるっていうイメージ。でもそこは聴いてる人に委ねて映像を色々思い浮かべてもらいたいんですけどね。歌詞が付いてるとそれは出来ないから。インストゥルメンタルの良い所は情景を自分で想像出来る所なんで。

―続く『strom strom』もさらに激しいサウンドですよね。しかもこの曲、ドラムスに川西さん、ベースにEBIさんが参加されてるんですよね!

手島いさむ:そうなんですよ。偶然そういう組み合わせになってしまいまして。「これとこれは川西さんに叩いてもらうのがいいよね!」とか「このベースはEBIに弾いてもらおう!」みたいなね。

―偶然にしては豪華過ぎですよ!しかし、リズム隊がそのお2人でギターがTessyさんって。

手島いさむ:プチユニコーンみたいな(笑)。でも音はちょっと離れててね、もしユニコーンでやるとしても余興の部分なんですよ。昔ファンクラブのイベントがよくあって、メンバー5人でシャッフルしてね、民生と阿部君のフォークデュオがあったり、僕と川西さんとEBI君の3ピースのバンドがあったりね、ジミヘン的なというか。そんな時の事をちょっと思い出したりもしましたね。決して売れ線ではない、ロックの激しい部分というか。

―『shake the world』なんかもタイトルからしてロックンロール全開で、ひとつの山場になってると感じたんですが。

手島いさむ:ちょっと大袈裟かなとも思ったんだけど、ワールドはワールドでそれぞれあるんじゃないかな、なんて思って。東武ワールドスクエアなのか、コスモワールドなのか。

―単純に「世界中をシェイクしてやる!」みたいな意味ではないんですね(笑)。しかし曲の方はギタリストの本領発揮というか。

手島いさむ:いわゆる僕の中の8ビートのロック。こういうのだったらいくらでも作るよ!っていう曲ですね。ただ難易度的には中程度なんですよ。今回「このギターは何十年練習しないと!」みたいな曲はないんです。全部が聴き取れて誰にでも分かりやすい、ギター始めた人が「なんとなく出来るかな」って思えるような、きっかけになってもらえるといいなって。でもやってみると実はパワーいるっていう。

―確かにそう簡単じゃないですよ。その絶妙なバランス感覚も魅力になってるんですね。

手島いさむ:そうなんですよ。僕もどっちかというと日本の中で新進のギタリストではないので。ブルース・ロックからハード・ロック、ヘヴィーメタルとか、そういう要素をちょっとずつ吸収して来た世代なんで、じゃあその中で「自分っていうのは何なんだろう」って考えた時に出た答みたいなアルバムなんですよね。

―後半には歌モノが4曲も収録されていますが。

手島いさむ:調子に乗って歌を歌ってしまいました(笑)。ユニコーンが再結成して、『オッサンマーチ』って曲を1年間ずっと色んな所で歌って来たので、どのくらい声が出るのか自分の中で目安がついたんですよ。最低クオリティがちょっと上がったから踏み切れたって感じです。『少し変です。。』を最初に決めたのかな。こんなのがあったらいいよねって。

―自己紹介的な歌ですね。

手島いさむ:“少し変です”っていうのが前からのテーマでね。20代30代っていうのは、正しいとまでは言わないけど、自分は普通だと思ってたんです。だけど、ユニコーンが再結成して集まって、あらためて「自分は普通じゃないかもしれない」って思えた(笑)。みんな言うんですよ。民生は民生で「お前ら4人おかしいよ!」って。お互いがお互いの事を変わってると思ってるので。いや、本当に常軌を逸したおかしさじゃなくて、ちょっとクセがあるというか、品行方正で絶対に間違いも犯さないっていう人間はなかなかいないと。それを認める事が出来なかったというかね。「俺は普通だよ!お前らがおかしいんだよ!」って思ってたんだけど。

―いち国民の立場から言うと、ユニコーン自体が変わり者の集まりという印象もありますが…。

手島いさむ:そう見えるかも知れないけど「聴いてるあんたもかなり変わってるからね」っていう事なんです(笑)。だから僕が日常で思ってる事とか、こういう所が少しおかしいのかなっていう所を並べてみたという。

―最近の心境が語られているんですね。

手島いさむ:はい。昔はね、ギターでも格好良くスタイリッシュに弾きたいと思ってたけれども、ギターってのは弾いてない人が持つととんでもなく格好悪く見えるんですよ。で、自分の写真や映像を見てみると、20代の頃よりは板に付いて来てる。ギタリストっていうのはみんなそれなりの形があるじゃないですか。上手い人はやっぱり美しい。楽器弾きはみんなそうですよ。逆に言うとそれ以上の事は俺、出来ないなと思って。似合ってるか似合ってないかで言うと似合ってるんだろうけど、それが物凄く格好良いかっていうとそういうワケじゃないし、みたいに、だんだん冷静に見れて来たというか。まぁ個性というものを肯定した曲でありますね。

―先程『オッサンマーチ』の話が出ましたが、今作の歌い方はまた随分違いますよね。

手島いさむ:ユニコーンはガーン!という感じなんですよ。いつでもワ−っとみんなが全力を出し切る。ソロではリラックスして「自分はこういう感じなんだよね」っていうのが出せる。

―次の『around again』なんかはシリアスな内容が対照的でもあり、でもやはり共通点もあるというか。

手島いさむ:そうですね、ちょっと真面目に。「もう一回旅を始めますよ!」っていう。

―どちらも20、30代を乗り越えて出て来た味わいがあるなと。

手島いさむ:でないと出せないものだとは思います。だからいわゆる携帯でダウンロードして聴くみたいな世代にはちょっと説得力に欠けるかなぁと思うし、ヒットチャートには出て来ないような曲だけど、こんなロックの人もいるんだよっていうね。昔のCCRの『雨を見たかい』とか、そんなようなテイストというか。いわゆる僕の牧歌的な一面、『自転車泥棒』とかの流れの作風ですよね。

―こちらも川西さんがドラムを叩く『2人の休日』は、EBIさんのコーラスも聴き所ですね!

手島いさむ:EBIはまぁベース弾きに来たので「じゃあコーラスもやってもらお〜」つって(笑)。

―なんて豪華な!

手島いさむ:EBIと川西さんに関しては電話一本で「こういうこと出来ないかな?」なんて言うとパッパッと決まるのでね。阿部君を誘おうと思っても、ちゃんといいグランドピアノ用意して、調律してなんていうと大掛かりなので。奥田さんはまずマネージャーさんにスケジュールから確認しなくちゃいけない(笑)。でも次作る時に「どうしても必要だ!」と思ったらお願いする可能性もありますよ。

―そしてラストはアコースティックなインスト・ナンバー『deep night』で締められてますね。

手島いさむ:これはガットギターをYAMAHAにもらったんで(笑)。メロディーを純粋に歌のように作った曲ですね。聴いた皆さんが、自分なりの詞を考えてみてもいいし。まぁ、おやすみのテーマです。

―ラストまで本当に充実した内容だと感じました。

手島いさむ:ちょっとがんばりましたよ、今回は。前作は自分がその時感じていた事をスケッチしたような内容だったんですけど、今回の『SQUEEZE』では割としっかり油絵を描いたなっていう。

(interview:小林博之)


001_j
ALBUM
「SQUEEZE」
2010.6.16
LDRT-004
タワーレコード限定販売
http://tessy.tv/


※このインタビューは、UNGA! No.131(2010.6.30発行)に掲載された物です
  • ライブドアブログ